亀田製菓>>>三幸製菓>>>越えられない壁>>>ブルボン

くらい

ブルボン、そういや新潟の企業だったな程度の印象しかない

バイク買ったばかりの頃のエンジン掛けるだけでドキドキワクワクしてた感覚はもう味わえないんだろうな…(センチメンタルオタク)(バイクは下駄)(通勤用バトルマシンと化したバイク)

鳥とかブログとかで自分より日本中を走り回ってる年上の人達がツーリングをとても楽しそうにやってるのを見ると、羨ましいしどうやったら自分もあんなふうに楽しめるのだろうか?と考える。

ZX-10の作業始めて久しぶりにやる気スイッチ入って結構楽しいけど。あの頃のように毎日日付変わるまでバイク弄るエネルギーは失ってしまった…もう若くねえんだ…

そもそもフロントをダブルディスクにするというスタートから若気の至りなんだけど、

リヤも6本スポークにしたい→なんかかっこいいから88NSRの18インチホイール入れる→外径デカくなりすぎてシートロックのレバーにタイヤがヒットする→更に長く硬いブラックバードのリヤショックを突っ込む

という理屈も理論もなにもないスーパーケツ上がり号になった結果、日本一周であれだけの荷物を積むと程良く切れ込む奇跡的なバランスを生み出してしまった。初見の四国の三桁国道を真夜中に走れるバイクは日本中探してもあれだけだろうな。

あのバイク作ってる頃はバカでキャスター角とかよくわかってなかったからほんと今見ると恥ずかしいくらいめちゃくちゃなバイクなんだけど、毎日作業するのが楽しかったなぁ…(遠い目)

ワシのCB-1も18インチ換装してたのでCBRのサイドスタンド流用してた。18にした理由はただの若気の至り。まあでも見た目は良かったと思う。

タイヤのホワイトマーキングとか、キャリパーのフィッティングが赤アルマイトであるあたりに若さを感じる

なるほど。自分の見てみたら確かにエキセンをひっくり返すと車高が上がる。リヤ17インチ化すると車高が下がるからリンク換えたり色々やってるみたいだけどエキセンひっくり返すのでそこそこ誤魔化せそう。

まあ、わざわざ17インチ化するならZZR1100乗れば良くね?って思うけど。中型レーサーレプリカの18インチに比べたらタイヤの種類なんていっぱいあるぞ。

年代によって違うかもしれませんが、ワシの知ってる限りカヤバのダンパーってショーワより内径が一回り大きくて、アストロのやつだとソケットがダンパーの中にすっぽり入って押さえられないんですよね。カワサキの純正特殊工具がたぶんこれで角ドライブ1/2らしいです。アストロのは3/8。

27mmのボルトの頭がピッタリハマるとの情報もあるのでまあイマジネーションと根性次第で方法は色々あるかと。
monotaro.com/g/01493544/

間違ってダストシールを4つ注文してた。オイルシールが来てない。死亡。

この前うんすいさんが苦労されてた時に「お湯で煮込んだらどうですか?」って言ったのはそん時の思いつきだったんだけど、我ながら名案なのでは?と思い自分でもやってみた。

結局ダンパーが供回りしてしまい、やはり中身はカヤバでアストロのダンパーロックソケットは使えないので22mmのソケットを叩き込んで代用した。カヤバはご丁寧に溝が切ってあるのでトルクスソケットも使えるかもしれない。まあそんなの買うなら専用工具買っても値段変わらなそうだけど。

100万年ぶりにのアストロオリジナルの工具買った。kawasakiの洗礼を受ける。

そういや会社にHi KOKIの営業が来て明日電動工具の展示会やるから来てくださいって入場券貰ったんだよな。冷やかしで行ってくるか。

この前ZX-10のキャブのバイスターターバルブを不必要に弄ろうとしてキャップを1個割ってしまったんだが、純正見積もりしたら682円…よく知らんけど3Dプリンターあったら自分で作れるんだろうか?

鳥でワークマンのキャンプ椅子¥980がやべえとか流れてきたけどあんな何の変哲もないキャンプ椅子ホムセンで¥798で買えるだろ。ワークマンがブランドになってしまって物の価値が判断できん奴が増えたな。

一昨日くらいまでYou TubeにバンバンCM出してたから中止する気ないもんだと思ってた。残念ではあるが普通に考えて中止だわな。

ブリジストンは地球が滅んでもBT-92作ってそう

BMWのK1100とかと同じサイズのせいかヨーロッパのメーカーは普通にこのサイズ売ってて全然人権ある。

ZX-10のタイヤ届いてた。Amazonで安かったメッツラーのZ8とかいうやつ、だいぶ前にZ8Mってのにモデルチェンジしたらしく何年前のタイヤ来るんだ?って思ってたら普通に2019年製だった。

Webikeの車種適合、やはりZX-10と10Rが混在してる。ワシはわかるからいいけど、自分がオーナーになって2重3重のチェックしてみると恐ろしい程時間かかる訳で。それを自分のバイクでもない、全メーカー全車種やるって不可能なのでは?と思う。

もっと見る
キャブどん

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。